[レポート]第4回、ハロプロ研修生発表会2016『〜春の公開実力診断テスト〜』に行って来たよ!



【[レポート]第4回、ハロプロ研修生発表会2016『〜春の公開実力診断テスト〜』に行って来たよ!】

2015年5月5日、研修生自ら選んだ楽曲で日ごろのレッスンの成果をソロで披露するハロプロ研修生発表会2016『〜春の公開実力診断テスト〜』が中野サンプラザで行われました。

拝啓、鞘師里保様

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて このたびは留学中ということであり語学や目標に向かい日々励んでいることかと思います。

『17歳の決断』を拝見させて頂いたのですが我々ファン一同へお寄せいただきましたご高誼に心から感謝申し上げますとともに、他の現場へ赴く事を深くお詫び申し上げる次第でございます。

何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。

まずは略儀ながら書面にてご挨拶を申し上げます。

ウエェェイ

ゴールデンウィーク真っ只中、待ちに待ったハロプロ研修生の公開実力診断テストが行われました。「年に一度のお祭り」だなんて言われています。

もはや無視出来ない存在!

研修生が各ユニットに占める割合が年々増えて来ており中核であるモーニング娘。もオーディション毎に1〜2名の研修生を昇格合格させています。これはもう研修生も放っておけない存在ということでしょうね。私も本格的な入口は段原瑠々さんの加入からですが今では色んな研修生を見ています。かれこれ3年が経ちますか。

注目の研修生

みづきち、ももにゃを始めとする成長著しいいわゆる24期生。

そして、新加入のももひめですね。

挨拶の祭、手でハートマークを突き出す余裕を見せもう出来上がっている。

あとは、さおりんもでしょうか。

透き通る肌の白さから「イカちゃん」と呼ばれている。挨拶の祭、一列に並んだ研修生の中で1、2位を争う白さを誇っていた。

あたためは、いらん

つばきファクトリー、こぶしファクトリーの前座があったのですがあたためは不必要!という位、みんな早く研修生を心待ちにしています。特につばきファクトリーは暗いのでどうにかして欲しいものだ。

今年のゲスト審査員は清水佐紀&熊井友理奈さん!

審査員をおさらいしときましょう!

  • みつばきまき先生(ダンス指導)
  • 上野まり子先生(歌唱指導)
  • 橋本慎(アップフロントワークス・レーベルマネージャー)
  • まこと
  • 清水佐紀
  • 熊井友理奈

MCはアラケン(放送作家)

前回のゲスト審査員、徳永千奈美&高橋愛さんのコメントが神過ぎて今回は物足りなく感じました。

そしてほとんどの研修生が2回目の実力診断を迎えるということで審査員のコメントが前回で消費されてしまったのか、進んで口を開く事もなくほとんどやる気の感じられないものばかりでしたね。熊井ちゃんに結構振っていましたが。今回の審査員で良かったのはまことがつんく♂の代わりに良い味を出していたことかな。

ということで、採点してみた!

ということで、いつものようにダンス・曲・キャラクターをそれぞれ5点満点で1曲終了毎に簡単なメモを取りながら即時採点を行った。採点表の白い紙は入場時に無料配布されたが、チラシに織り込まれているので気付かなかった人も多いかも。

採点表

()の中は前回の点数です。()の下は前年比・成長点。

アーティスト 曲名 ダンス キャラクター 合計
1
秋山眞緒
カラダだけが大人になったんじゃない /Juice=Juice 5(5) 2(4) 4(4) 11(13) -2
ダンスはさすがの一言。歌は後半巻き返していた。

後半だけでみると4点挙げたい。衣装は大人っぽい紫の衣装。

2
高瀬くるみ
Moonlight night ~月夜の晩だよ~ /モーニング娘。 4(4) 4(4) 4(4) 12(12) ±0
スタンバイからどよめきが起きた。裏声が綺麗で完璧!衣装は白ウサギ。

3
小野琴己
赤いフリージア /メロン記念日 1 3 3 7
表情は良い。伸び代があると思う。

まき先生「普段は目が合わない」

4


井上ひかる
サヨナラ ウソつきの私 /Berryz工房 4(4) 4(5) 2(5) 10(14) -4
ダンスはテキパキしているがぎこちない。歌が前回に比べ安定し成長を感じられた。 キャラがもう少し欲しい所。

まことさんに美人と言われ首を横に振って否定していた。

5


児玉咲子
夢見る 15歳(フィフティーン) /スマイレージ 2 4 5 11
歌は上手いが所々つっかえる。お客さんに歌わせるのは反則でしょ!

衣装はトマトの衣装。頭の房と隠しトマト9個装備。全部見つけられると「リコピン星に連れて行ってあげる!」そうだ。まき先生「怒」

6


野口胡桃
時空を超え 宇宙を超え /モーニング娘。’14 4 4 5 13
表情が良く世界感を創り上げていた。目の使い方も良い。マイクホールドがブレブレな所を直していきたい。笑顔、関西弁が良かった。まこと「女流バイオリニスト高嶋ちさ子のポイズンを感じる」

7


加賀楓

恋ING /モーニング娘 3(4) 5(4) 5(5) 13(13) ±0
さすがの歌唱力。研修生の中では安定して聴ける1人だ。階段に座る時にマイクをぶつけなければ高得点だった。トークではよく喋る。上野先生「柔らかかえでぃー」。今までのイメージは「面!胴!やー!」

8


前田こころ
SHOCK! /℃-ute 3(3) 3(4) 5(4) 11(11) ±0
オーラはある。緊張していたようで終わったら泣いていた。そんな風に見えなかったのに。衣装は白のトレンチコート。

アラケン「ファンの皆さんに何か一言あれば」。こころ「無いです」

9


笠原桃奈
愛しく苦しいこの夜に /モーニング娘。 5(3) 4(3) 5(3) 14(9) +5
登場するや、ノースリーブの白ニットにデニムのホットパンツ、ハイヒールとガラッとイメージを変えてきた。歌もダンスも見た目も、THE 普通少女からこの一年で1番成長を感じられた。

まこと「これまでのイメージはジブリだったが都会的になった」。笠原「ジブリは好きです」

10


小野田紗栞
渡良瀬橋 /松浦亜弥 4(2) 5(5) 5(5) 14(12) +2
歌は良かったが、リコーダーは蛇足か。”ピー”と高い音が出てニヤつく。

観客の笑い声は非常に残念で、最後まで真剣に聞いて欲しかった。井上玲音さんが”人間マイクスタンド”として袖から登場した際は、緊張して出番を誤った研修生がスタンバイを始めたのかと思った。橋本慎「我々は頭が堅いかもしれない」。

11
米村姫良々
The 摩天楼 ショー /モーニング娘。 4 4 5 13
音程を外さない!伸び代がある。パワフル。裏声が苦手かな。

アラケンのインタビューに「はい」で返す芸を身に付けていた。

12
段原瑠々
初恋サイダー /Buono! 5(5) 5(5) 3(3) 13(13) ±0
歌唱力が底上げされており以前より聴きやすかった。℃-uteツアー帯同の恩恵からか弱点と指摘しているアイコンタクトや会場全体を積極的に盛り上げる姿勢が成長した。

本人100点の出来。緊張しており、舞台袖で違う曲を歌っていた。ペンライトに感謝。カラオケのパーティールームをママと貸し切って練習した。

まき先生「渋い顔」。 「もっと弾けてくれるかと思った」

前年からキャラクター3点を付けているがキャラを伸ばせということか。もはや「あんたたち私に投票しなさいよ!」位のSキャラになるしかないかも。

13


堀江葵月
Kiss me 愛してる /℃-ute 4(3) 4(3) 4(1) 12(7) +5

歌唱力、キャラを含め前年からの成長を感じられた。彼女もこの1年よく頑張っていた1人。

上野先生「ユーティリティプレーヤー」「細かいリズムを直していくこと」

14


仲野りおん
ヤッタルチャン /スマイレージ 5(1) 3(2) 5(4) 13(7) +6
セーラー服で湧かせる。全体的に成長を感じるが、特にキャラクターとダンスがこの1年で急成長した。後半息切れさえしなければ曲のクオリティーも高かった。

「学校生活も研修生活もヤッタルチャンになる」ということでセーラー服の衣装を選んだ。

アラケン「ファンの皆さんへ何か一言あれば」りおん「成長が遅いのですが見守っていて下さい」

15


横川夢衣
♡桃色片想い♡ /松浦亜弥 2(4) 2(1) 3(4) 7(9) -2
前回よりも固かったなぁ。笑顔はよし。会場から軽く失笑が巻き起こっていたが、開き直ってノリノリで盛り上げていた。

インタビューでは「めっちゃ緊張!」と連呼。熊井友理奈「どこのおばさん!」

16


島野萌々子
Crazy 完全な大人 /℃-ute 2(3) 4(2) 4(3) 10(8) +2
セクシー○。彼女も能力こそ高くないが成長を感じられた。熊井ちゃんに似ている。

17


橋本渚
抱いてよ! PLEASE GO ON /後藤真希 2(5) 4(4) 5(4) 11(13) -2

この所失速が気になる。前回の気迫溢れたパフォーマンスは影を潜めた。

衣装は胸元の開いたドレスにホットパンツなど露出多め。くびれを作るために日々腰をくねくね回していた。上野先生「我が軍のセクシー担当」

18


小野瑞歩
ロマンティック 浮かれモード /藤本美貴 3(3) 3(3) 3(3) 9(9) ±0

声量がもう一歩。赤いカチューシャは手作り。

19


金津美月
インスピレーション! /モーニング娘。 5(2) 4(4) 5(5) 1411) +3

ダンスが良かった。歌も安定!この1年で成長した。「みんなも一緒に!」と煽った。

20


一岡伶奈
ガラスのパンプス /後藤真希 4(5) 3(5) 4(5) 11(15) -4

安定感はあるが前回の方が良かった。こちらも失速が気になる。衣装は例年見所で研修生一オシャレである。

まき先生からはベタ褒めのオンパレード。「一岡らしい優しさのある格好良さ」「一岡しか出せない」「新たな発見」

21


清野桃々姫
冷たい風と片思い /モーニング娘。’15 5 5 5 15

ピンクのパンプス、リボンは衣装と合わない。歌は少しハズした。

曲の世界観をよく理解した表現力、前評判のダンススキルを惜しげも無く披露しており歌唱力も及第点。間奏のダンスに入る前に曲がストップしてしまうと、続き見たさに「おいい」と声が漏れそうになった。

周囲からは予想以上との声。

上野先生「我が軍のドラフト1位!」。

集計結果

総合点上位

15点・・・清野桃々姫

14点・・・笠原桃奈、小野田紗栞、金津美月、

13点・・・野口胡桃、加賀楓、米村姫良々、段原瑠々、仲野りおん

成長点上位

+6・・・仲野りおん

+5・・・笠原桃奈、堀江葵月

+3・・・金津美月

+2・・・小野田紗栞、島野萌々子

講評

総合点1位は、新人ながら満点を付けた清野桃々姫さん。
成長点1位は、前回より6ポイントも上げた仲野りおんさん。
総合点、成長点共に2位の笠原桃奈さん。
成長を感じられた子や新しい発見のある子はインパクトが高い。

選考

清野桃々姫さん、笠原桃奈さん、そして歌で圧倒的だった段原瑠々さんが選考入り。以上3名に絞った。

りおんちゃんは頑張っているので歌唱力がもう少し上がればベストパフォーマンス賞も近いと思う。

投票タイム

投票タイムは20分。

3箇所あるうち二階の投票場所に行って来た。

またしても箱の中が丸見えであるが、今回は集計を早めるためか順次中身を空にする施策を取っていた。

ということで、採点結果満点の清野桃々姫さんに投票した。

実は段原瑠々さんと制限時間ギリギリまで迷ったのですが、清野さんの箱の前で撤収作業が始まりそうだったので慌てたため手が滑って清野さんに投票してしまいました。またしてもるるちゃんを裏切ってしまった…まぁ、人気投票ではないので自分の好きな子に入れる訳にはいかないし私情が入っているかもしれない一票というのもアレなので今回も他の人に任せたわけです。

シークレットゲストにカントリー・ガールズだだだ!

各賞審議の間は例年通りまたしてもカントリー・ガールズに湧く。

ブギウギと愛ごめの2曲披露。

結局1番華があるのはカントリー・ガールズなんだよなぁ。まなかんいなかったのは寂しかったけど。

開票&各賞結果は・・・

結果はお伝えのように、ベストパフォーマンス賞は228票獲得で同票となった中学1年生の笠原桃奈さんと小学6年生の清野桃々姫さんでした。

全体的に歌唱力が上がり、歌詞を飛ばしたり鼻血を出したりするような子は姿を消し実力が拮抗してきた。少々面白みには欠けたかもしれない。そんな中、琴線に触れるパフォーマンスをしたのは笠原さんと清野さんという事だ。

ももち「やっぱ”桃”って付く娘って無敵なんだな…」。

笠原さんの号泣スピーチはこの1年間の頑張りを見ているだけにもらい泣きしてしまう。その後も号泣が続く笠原さんを同期の前田こころさんがなぐさめていました。

各賞受賞の詳細は以下。

キャラクター部門賞 : 井上ひかる

歌唱部門賞 : 高瀬くるみ

ダンス部門賞 : 秋山眞緒

ベストパフォーマンス賞 : 笠原桃奈 清野桃々姫

参戦歴3回目にして思うんです。実力診断テストという名の、普段見せてない実力診断テスト

実力診断テストは「普段出せていない、見られていない面を見せる」審査なのだ。いつもは日の目を見ない子でも先生方のコメントから「こんな一面があったの?」というのが凄く評価が高い。そりゃ先生方から年がら年中審査されているわけで段原瑠々さんのように「そんなのもう知ってるよ!」というパフォーマンスは御法度な訳ですね。せっかくのソロの場なのだからもっと色んな面にチャレンジして欲しいということでしょう。

新勢力vsベテラン勢

無冠に終わったメンバーではベテラン勢と呼ばれる一岡、加賀、橋本、段原、堀江をまき先生が叱咤激励した。

特に、ソロパフォーマンス後まき先生から厳しい意見を言われた段原さんは桃々姫ちゃんのスピーチあたりからみるみる顔を赤らめていき涙を拭っていた。相当悔しかったのだろう。このまま辞めてしまわないか心配であった。

まことさんがおっしゃっていたように20世紀(〜2000年)生まれと21世紀(2001年〜)生まれの対決や新勢力とベテラン勢の対決が見所であった。今回は新勢力が勝利した。

さて、今年も充実の3時間公演。ハイタッチ会は夜20時を過ぎようとしており「ももひめが間に合わない!」と慌てているファンもいましたが無事に最後まで全員いました。さおりん可愛かったなぁ〜、久々に顔を合わせたるるちゃんも元気そうに見送ってくれて良かったです。

いや〜、笠原さん受賞で良いものになったなと!ハロプロ研修生が養成所として上手く機能している証拠ではないでしょうか。これからも頑張っている研修生たちを応援していきたいと思います!

本日の戦利品

まずは公演パンフレット。これがなきゃ始まらないです。

記念にもなるのでマストアイムです。


終演後にラスト2枚の所で購入出来たコレクションピンナップポスター。自引きで当てたりおんと、交換で手に入れたるるちゃん。

コメントを残す